合格体験記2017その4


  • 名前:Y.Iさん
  • 高校名:東京都立鷺宮高校
  • 入塾時期:高校3年の11月
  • 合格大学・学部:日本体育大学体育学部、淑徳大学総合福祉学部
武田塾に入る前の成績は?

入塾時期は高校3年生の11月頃でしたが、もともと高校3年生になるまで受験を考えておらず、受験勉強を始めたのも部活動を引退した後(高校3年生6月以降)でした。当時の成績は偏差値が40程度で、特に苦手な英語の偏差値は35くらいでした。

武田塾に入ったきっかけは?

1番のきっかけは第一志望の大学のAO入試に落ちてしまい、モチベーションが下がって勉強に手がつかなくなっていたことです。
もともと部活引退直後に他の予備校に通っていたのですが思うように成績が伸びず、途中入塾であったため授業についていけないと感じていました。
勉強の時間が減って、だらだらとスマートフォンをいじっていたところ、武田塾チャンネルYouTube)を見つけて、”逆転合格”にひかれました。(笑)
受験相談に行って、今の悩みの相談にのってもらい、「今からでもなんとかなる!!」と言われ、入塾を決めました。

武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?

今まで予備校のテキストしか使っていなかったのですが、自分に合ったテキスト完璧になるように繰り返すようになりました。
英語は高校3年生の11月の時点で文法が終わっていなかったのですが、範囲と期間を決めて徹底しました。もともと基本からボロボロだったということもありますが、英語はとても成績が上がったと思います。

先生はどうでしたか?

同じ目線で話をしてくださって、とても親しみやすかったです。先生自身の受験の時の体験談や大学生活の話をしてくださって、特訓が楽しかったです。分からない問題は一緒に考えるところから解説してくださいました。私が落ち込んでいるときは、「やることはやらなきゃ」と教えてくださいました。当たり前のことですが、受験期に気持ちが下がりがちだった私のモチベーションを保たせてくださいました。

武田塾での思い出を教えてください!

直前期にいろいろ考えてしまって落ち込んでいるときに教務や担当の先生に話を聞いてもらったことです。私が通っていた他の予備校は規模が大きいため、不安な気持ちをなかなか相談することができませんでした。
教務や先生方と話をしたあとは気持ちを切り替えることができました。武田塾に通った期間は短かったですが、様々な話をたくさんした気がします。

好きな参考書ランキング ベスト3!

 システム英単語|英語

常に持ち歩き、常に見ていました。この参考書のおかげで長文読解が得意になりました。

 

 

 

 ネクステージ|英語

文法の部分は何周もしました。参考書がふせんやチェックマークでいっぱいになっています。

 

 

 

 田村のやさしく語る現代文|現代文

田村先生の冗談(?)がちょこちょこ入っていて読みやすいです。面白い!!

 

 

 

来年度以降の受験生にメッセージ!

受験は質も量も大切だと感じました。あとは勉強をやり続けるメンタルがあれば8割くらい完璧だと思います。
残りは間違った勉強をしないこと!
私は難関大を目指していたわけではないですが、自分のやりたいことのできる大学に行けてよかったです。
目的を最後まで見失わないで頑張ってください。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です