世界史を独学で対策するには?〜大学受験編〜


ガゾウ2

今回は世界史の独学勉強法を紹介していきたいと思います。

世界史は日本史と並び、
独学が最もしやすい科目の一つだと思います。
参考書や問題集も充実し、科目特性上、
知識の暗記が多くを占めているからです。

今回は独学で世界史を勉強するための3ステップを掲載しています。
①全体の流れを抑える
②重要分野を重点的に抑える
③問題演習を繰り返し、知識の拡大・定着を図る

各ステップの説明の前に、
最低限揃えるべきモノを紹介します。
・ 教科書
・ 用語集
・ 資料集
・ 全体の流れを抑えるための参考書
です。
特に資料集は、学習の理解を深めるために非常に重要ですが、
意外にも、その重要性を理解していない学生も多いので、
注意が必要です。

資料集には、時代ごとの地図が記載されています。
この時代ごとの地図は、ヨコの繋がりを抑えるためには必須です。
新たな時代に入る度に、資料集をチェックし、
地図でヨコの繋がりを確認して下さい。

① 全体の流れを抑えるですが、
教科書や荒巻の新世界史の見取り図、ナビゲーター世界史
青木の実況中継シリーズを活用し、
世界史の流れをまずは抑えましょう。

この段階では、細かな単語の暗記ではなく、
世界史の流れを抑えることに重点を置きます。

しかし、初学者にとっては、
知らない単語ばかりで流れを抑えるのも一苦労だと思います。
その際は、是非、漫画等を活用し、
無理なく全体の流れを抑えましょう。

② 重要分野を重点的に抑える
これは独学で勉強する人にとっては、
一番むずかしい点です。
何故なら、どこが重要分野か分からないからです。

その重点分野を探る上で手助けとなるのが、
荒巻の新世界史の見取り図です。
他の全体の流れを抑えるための参考書とは異なり、
瑣末な事項は省いて、重要分野の意義の説明を中心に、
行っている参考書だからです。

勿論、志望校によって、頻出の分野は変わると思いますが、
世界史の一般的に重要だとされる分野を抑えるには、
おすすめの書籍です。

こちらの本で、流れと重要な分野の理解を深めた後、
問題演習に入ります。

③ 問題演習を繰り返し、知識の定着と拡大を図る
全体の流れを抑え、
重要事項を詳細に抑えただけでは、
必ずしも得点に直結しません。

世界史の得点力は、知識量と直結しています。
①②のステップで世界史学習の基礎を築いた後は、
問題集を利用して、
演習を繰り返し、知識を広げていくことが重要です。

今回は、世界史の独学勉強法を紹介しました。
①全体の流れを抑える
②重要分野を重点的に抑える
③問題演習を繰り返し、知識の拡大・定着を図る
の3ステップを踏み、得点力を向上させましょう。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です