英語の勉強法を身につけて大学受験を制す為の秘策


大学受験を制す英語勉強法とは

みなさんは英語力をどのように身につけるべきだと思いますか?

大学受験では教養としての英語力が求められ
定期テストとは違った全般的な知識が必要となります。

そのためには全ての受験生にとって基礎からの復習が重要で
短い試験時間で正しい答えを導く解答力も求められます。

これまでとは違う大学受験を制し志望大学に合格するためには
これらのポイントを抑えた学習が必要となります。

  • 語彙力を高める
  • 文法を覚える
  • 読解力を鍛える
  • 長文の読解に慣れる

語彙力を高める

英語09
語彙力とは単語や熟語の知識のことで
英語を学ぶためには不可欠となる知識だと言えます。

語彙に関する知識が不十分であれば
英語文章の内容が理解できず学習の進捗も送れます。

逆に語彙力が十分に備わっていれば
仮に未知の英文法に出会ったとしてもおおよその意味は理解できるので
文法の学習に集中しやすく次のステップに進めるようになります。

語彙力を高めるためには暗記をしなくてはなりませんから
英語の復習での最初の難関で挫折しやすいところです。

しかし「暗記方法」を覚えてしまえば難関大学突破で必要となる
数千語を覚えることも難しいことではなくなります。

文法を覚える

語彙力が備わってきたら文法の理解を深めます。

単語の意味が理解できても言葉の繋がりが理解できなければ
英文全体で伝えようとしていることがわからないからです。

文法の基礎は意外と忘れがちなものも多いので
上位を目指す人でも高校の基礎英語から
あるいは中学英語の総復習から
始めることが多いです。

英語に自信のある人は演習問題を解いて
理解が進んでいない文法を洗い出してから
総復習を始める
と時間効率を良く学習を進められます。

読解力を鍛える

語彙と文法の理解が進んでくると次に必要となるのは
文と文の繋がりを理解する読解力です。

大学受験レベルの問題では長文で示されている論理的展開
小説文章で使われる英語表現を理解することが必要で
そのためには実践的な英語力を要します。

長文の読解に慣れる

英語05
大学受験を間近に控えた頃には長文の読解にも挑戦しておくべきです。

センター試験や難関私立大の試験では長文を読む段階で
受験者が時間を大きく奪われてしまうケースが多い
ためです。

これは知識は備わっていても実際に英文章を読んでいないために起こることで
事前に過去問等で長文の読解力を鍛えておくことで対策を取れます。

大学受験を制す秘策

大学受験を制する秘策といっても
やるべきことはどれも当たり前のことです。

しかし、当たり前のことでも学習する順序
たった今集中して取り組むべきポイントを理解できなければ
大学受験の勉強の効率アップが難しくなります

今の自分にはどんな英語の学習が必要なのかといったことも
考えながら試験に備えることで自分の実力をうまく引き出していきましょう。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL