英単語の覚え方


早慶突破のための英単語暗記法

大学受験において英単語の暗記は必ずクリアしなければならない課題です。

しかし、実際にやってみると思うように暗記できない
何度やっても定着しない
といった壁に突き当たる受験生は決して少なくありません。

なぜうまく英単語が覚えられないのか?

実はその原因は英単語の暗記方法の違いに潜んでいます。

  • 単語が覚えられないワケ
  • 早慶合格のための目標を立てる
  • 発音練習とリスニングの重要性

単語が覚えられないワケ

英語02
自分は英単語の暗記が苦手だと思っている方に
ぜひ知っておいてもらいたいことがあります。

それは英単語の暗記は誰にとっても難しいものだということです。

特に必須単語と呼ばれる2000語を覚える時に最も苦心します。

何故かと言うと英単語の暗記法が確立できていない為です。

暗記が苦手な方はまずは暗記法をマスターすることも意識してみましょう。

自分なりに単語の暗記法を完成できるようになると
必須単語の次の上級単語そして出題単語を網羅することも
現実的な目標として捉えられるようになります。

早慶合格のための目標を立てる

早慶05
早慶合格のためにはまずは2000から3000語を目標にしてみましょう。

この数字は多くの単語書籍の必修編で掲載されている単語や熟語の数です。

「DUO 3.0」や「速読英単語」「英単語FORMULA」が有名で
どれでもいいのでまずは一冊の本を全て暗記することを目標にします。

早慶突破のためには必須単語の3000語でも不十分ですが
ここでの経験は次の6000語を暗記する時に役立ち
英語の読解力を高める助けにもなってくれます。

発音練習とリスニングの重要性

多くの受験生が忘れがちなのは発音練習とリスニング練習です。

早慶レベルを合格するためには
英語文章をスラスラと音読できるレベルの語彙力が求められ
そのためには単語を暗記する段階で声に出し耳で聞くことが必要になります。

また、単語学習では見て書くだけではなく
五感を使った刺激を与えることが暗記効率を高める効果もあります。

音楽のワンフレーズを思い起こすと次の歌詞やメロディーが湧き出てくる
といったことをイメージするとわかりやすいかもしれません。

自分の脳をうまく使って記憶の取っ掛かりを作ってあげることで
一度に覚えられる単語数を大幅に増やせるようになります。

英単語暗記のコツとは

早慶突破のためには短い期間で英単語を覚えるための
暗記方法を身に付けることが大切です。

まずは必須単語となる2000語から3000語の暗記目標を明確にし
短期間で単語を覚える方法を実践してみましょう。

繰り返し学習をしてもすぐに忘れてしまうのは仕方ないことなので
反復学習の中で少しでも暗記できる数を増やしていくことが近道になります。

必須単語を覚えながら暗記法を模索していくことで
次のステップとなる上級単語の暗記はよりスムーズにこなせます。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL