私立大学の後期日程


こんにちは!武田塾新宿校の青沼です。
2月に入り、各大学で一般入試が続々と始まりました。
すでに第一志望の入試を終えた受験生もいるのではないでしょうか。

さて今日は、入試日程の話題です。国立大学の入学試験に前期日程と後期日程があることは知られていますが、
私立大学にも、多くの受験生が出願する入試方式とは別に、試験日を遅らせた入試方式を用意している学校があります。
例えば、日本大学、東洋大学、駒澤大学では、多くの学部で3月に行われる入試があります。また、東京農業大学の生物産業学部も、
2月に行われる入試とは別に、3月にも入試を行っています。また、成蹊大学経済学部には、センター試験の結果と、3月に行われる
グループ面接試験の結果を合算して合否を判定するというユニークな方式の試験があります。
また、センター試験の結果のみを利用する入試についても、2月後半~3月に出願できるようになっている大学が数多くあります。

ただ、このような後期日程の試験は、募集人員が少ないことが多く、倍率が高くなる傾向があります。滑り止めとして受験しようと
考えている受験生も、油断は禁物です。

入試の結果が思わしくなく、進路について悩んでいる受験生は、ぜひ後期日程のある大学を調べてみてください。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です