映画で英語を勉強するときのおすすめ映画8選


映画で英語学習

英語学習の手法の1つに映画を見て英語表現を覚えるものがあります。

口語表現なので文章の英語とは違った表現も多いのですが
会話文の多い小説文が出題された時には
映画等で学んだ知識が役立ちます。

今回は大学受験でも役立つような日常会話が使用されていて
見ていて飽きない名作という条件でオススメの映画を選んでみました。

魔法にかけられて

魔法にかけられて
「魔法にかけられて」はディズニーがおくるファンタジーロマンス映画です。

ファンタジーの世界から現実世界に迷い込んでしまったお姫様が主人公で
子供でも楽しめるディズニー作品ならではの笑いアリ泣きアリで楽しめます。

アナと雪の女王

アナと雪の女王
挿入歌で話題になったアナ雪も丁寧な英語表現で勉強しやすい映画です。

ちなみに「アナと雪の女王」の原題は「Frozen」と
かなりアッサリとしたタイトルだったりします。

トイストーリー

トイストーリー
子供向けに制作された「トイストーリー」も英語学習に役立ちます。

必修単語と熟語を覚えてから見ると自分の英語力の向上が
わかりやすく実感できる
のでひと通り学習してから観ることをオススメします。

英語学習にブランクがある方が復習を兼ねて観るのもいいかもしれません。

ウォール街

ウォール街
「ウォール街」は1987年公開の古い映画ですが今現在でも引き合いに出される
アメリカのビジネスシーンをテーマにした映画です。

証券会社を舞台とした映画なのでビジネス英語の学習に役立ちます。

マネーボール

マネーボールは弱小で貧乏な球団のGMが
金に苦心しながらも活路を見出す映画です。

ブラッドピット主演で演技力が楽しめますし
ビジネスや友達とのやり取りといった日常で役立つ英語が飛び交います。

ホームアローン

ホームアローン
コメディ映画として日本でも有名な映画ホームアローンです。

この映画の良い所はコメディ映画でありながら
スラングや流行語があまり多用されていない点です。

ハリーポッター

ハリーポッター
面白くて知名度も高いので英語学習にもハリーポッターはオススメです。

イギリス英語なので発音がアメリカ英語と異なります
聞き取りやすい発音なのでリスニング練習には適しています。

登場人物の出生に合わせた訛りもあるので
ちょっとした単語にも発音の違いに耳を澄ませながら聴いてみてください。

ウェディングシンガー

ウェディングシンガー
ウェディングシンガーはいわゆるラブコメで
良い意味でベタベタな展開で笑えて楽しい映画です。

ストーリーに難解な部分がないので
日常でよく使われている口語表現を覚えやすいです。

まとめ

映画を見て英語を勉強する時には興味のある映画を選ぶことも大切です。

今回紹介した映画で気になるものや自分の好きな映画があったら
まずは英語字幕を出してリスニングに集中し
字幕を耳で追って観ることから始めてみましょう。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL