数学の問題集のおすすめ一覧〜大学受験編〜


ガゾウ53

今回は、文系受験生向けの数学の問題集のおすすめの書籍を紹介していきたいと思います。

問題集を選ぶ際は、自身の勉強の進捗、
身につけたい数学力の目標に沿ったものを逐一確認しながら、
選ぶようにして下さい。

◯数学I・A 標準問題精講
このシリーズは、学校での授業の進みに合わせて、
一緒に習った分野の知識の定着を図るのに適しています。
各分野の問題がしっかりと網羅されているのも良い点です。

難易度の高い問題も含まれるため、初習の分野を勉強するには、
難易度の高い問題は飛ばして、
自身の解ける範囲で、活用していきましょう。
◯やさしい文系数学50テーマ・150題―解法の基礎力をつける (河合塾SERIES)
タイトルの「やさしい」というのは、
内容の難易度と少し乖離があるように思います。

こちらは、解法暗記が一定程度進み、
ある程度数学に自信がついてきた受験生向けの問題集です。
問題の難易度も中々に手強く、
数学が苦手な受験生にとっては、
このレベルの問題集を無理なく解けるようになれれば、
目標点数には届くくらいのものです。

数学が得な受験生にとっては、下記に挙げている更なる
難しい参考書を解く準備として、こちらの問題集を利用するのが良いでしょう。
◯大学への数学_新数学スタンダード演習
こちらは、解法暗記も終え、数学力が一定程度ついた、
難関国公立受験者向けの問題集です。

名前のスタンダードとは裏腹に、
問題の難易度は高いものが多く含まれます。

問題毎に難易度が掲載されているため、
自身の数学学習の進捗に合わせて、
問題を解き進めるのが良いと思います。

◯文系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B (河合塾シリーズ 入試精選問題集 4)
こちらは、数学の問題集として非常に有名な書籍です。
様々な大学の過去問を、豊富な解説と共に扱っています。

難易度が高いので、数学の力が一定程度ついてきており、
難関国公立の数学受験で更に得点力を堅いものにしたい人向けです。

但し、掲載問題が難しいため、
解いていて手も足も出ないようでしたら、
それ以前の解法暗記や、
より平易な問題集での問題演習を重ねるようにしましょう。

今回は、数学の学習におすすめな問題集を紹介しました。
① 数学I・A 標準問題精講
② やさしい文系数学50テーマ・150題―解法の基礎力をつける
③ 大学への数学_新数学スタンダード演習
④ 文系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B
がオススメです。それぞれの学習の進捗、目標に合わせて、
問題集を選んでいって下さい。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です