数学のセンター試験対策では、小手先のテクニックも必要?


ガゾウ49
今回は、数学のセンター試験対策について紹介したいと思います。
今年のセンター試験は1月16日、17日に終わったばかりですが、
来年以降に受験する方にとっては、参考になればと思います。
◯センター試験では、基礎的な計算力が重要
センター試験の数学は、その試験の特性上、問題数を多くし、早さを見る性格が強いです。

2次試験で数学を使う人は分かると思いますが、
2次試験の数学は問題数が絞られており、じっくりと考える場合が多いです。
この点、センター試験は他の試験と比べるとスピード勝負という点で異色です。

このスピード勝負の試験に対応するために、
まずは計算力を磨くことが最優先です。

基本的な単元の理解と、基礎的な問題の演習、
センター試験の過去問演習を通じて、堅い計算力を身につけましょう。

堅い計算力はここぞという時に、力を発揮し、他の受験生と、
差をつけることが出来ると思います。

◯センター試験対策用の参考書・問題集で対策を行う
上記で計算力が重要なことを書きましたが、そうは言っても、
センター試験独特の問題形式に慣れることは必要です。

センター試験では、マークシートで解答するため、
問題の一部が空欄になっており、その部分に当てはまる数字を
入れていくことになります。

従って、無駄な計算を行わないよう、問題側の導入に上手く沿って、
問題を解いていく必要があります。

一方で、センター試験に活用できるテクニックを学ぶことで効率的に問題を解くことも可能です。

・ センター試験必勝マニュアル 数学1A 2016年受験用
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887422172/toumasu924-22/ref=nosim/
・ センター試験必勝マニュアル 数学2B 2016年受験用
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887422180/toumasu924-22/ref=nosim/

この二冊はセンター試験の計算を効率的に素早く行えるテクニックが豊富に記載されています。

使用しているテクニックの解説が少ないため、
センター試験のみ数学を使用する受験生には難しいかもしれないため、
実際に書店に立ち寄って、難易度を確認してから、判断してみてください。

2次試験で数学を用いる人には、必須の参考書です。
直前で、センター試験の得点力を上げるためのテクニックが満載です。

実際に私も、受験生時代にこの本を読んだおかげで、
実際の数学IIBの試験の際に、数列の問題が理解出来ない部分があったものの、
20点中10点程はテクニックで稼げた記憶があります。

今回は、センター試験の数学の対策を紹介しました。
基本的には、計算力・スピード勝負のため、
計算力を地道にあげることが重要ですが、それに加え、
センター試験独特の出題形式に慣れるために、参考書を活用するのも良いと思います。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です