数学のコツは計算力と解法暗記!


ガゾウ38

今回は、大学受験における数学の学習のコツを紹介したいと思います。
◯解法暗記の重要性
解法暗記の重要性について、まずは説明したいと思います。

数学は基本原理を理解して、
それらを応用して解いていくものだと授業で習ったことがあるかもしれません。

確かに、基本原理を抑え、逐一応用が出来る人もいますが、
数学が苦手な人は、この応用が苦手だと思います。

そういう方には、特に解法暗記がオススメです。
解法暗記といっても、ただ英単語を覚えるのとは異なり、
その問題で用いられている解法の原理をしっかりと理解し、
自身で使えるようにした後で、
ノート等にまとめていき、定期的に見直すようにしてください。

このノートにまとめる際に、
可能であれば、問題と解法だけでなく、
何故、その解法を用いるか、
(そこまで含めて解説している問題集であれば不要)
を記載し、この問題パターンの時は、この解法!という自身の
解答パターンを意識的に作るようにして下さい。

また、ノートをまとめる際には、
問題、解答を一々書き写すのは時間がかかってしまうので、
コピーをして、切り貼りするのが良いと思います。

このノートを利用した解法暗記を行うことで、
数学に苦手意識のある人も、見かけたことのある問題は
覚えたパターンで対抗出来るので、
数学の得点力が向上するはずです。

具体例としては、整数問題があります。
整数問題は、解答のテクニックが多い分野です。
例えば、素因数分解、最大公約数、合同式、互いに素等があります。
また、整数問題は、範囲を絞ることが出来れば、解が一定数に定まる等の性格を有しています。
従って、整数問題が来たら、まとめたテクニックから今回は何が使えるか、
等を判断できるようにしましょう。

◯計算力を向上させよう!
他の記事でも計算力について、書いていますが、
とにかく数学で一番重要な要素は計算力です。

上記の解法暗記で、パターンを習得しても、
計算力がないために、最後まで問題を解ききれない人も多いです。

この計算力を上げるには、計算力を強くする―状況判断力と決断力を磨くために等の本を利用し、
四則演算などの基礎的な計算力をまずは底上げさせます。

その次に、因数分解、式の展開等、
文字を含んだ計算、次数の高い式の計算、
ルートを含んだ難解な計算等を重点的に行いましょう。

今回は、数学の学習のコツを紹介しました。
重要なのは、解法のパターン暗記と計算力の向上です。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です