大学受験の塾はいつから通うべきか?


塾に通うべきタイミングとは

高校に通っているみなさんや
高校生の子どもを持つ親御さんによくある悩み
「いつから塾に通わせるか?」について解説をまとめておきました。

大学受験でより上位の大学を目指すために
今からできることを考えてみましょう。

  • 塾に通うべき生徒の特徴
  • 偏差値60以下の生徒は要注意
  • いつからなら通ってもいいのか
  • 学習する習慣を付けることが大事
  • 高1から塾に通う理由

塾に通うべき生徒の特徴

塾02
まずどんな生徒が塾に通うべきなのか
塾での学習と相性のよい生徒さんの特徴を紹介しましょう。

塾に通うことで学力が伸びやすいのは
自発的な学習ができない生徒さんです。

自宅学習がうまく習慣化できない場合には
塾に通って課題をもらったり
講師に付いてもらいながらの学習の方が効率的に勉強が進むからです。

偏差値60以下の生徒は要注意

偏差値60以下の生徒さんは特に塾に通うべき理由があります。

60以下の学力ではMARCHレベルの演習では理解も厳しいため
基礎からの学習を長期的に考えていく必要があるためです。

逆に言えば偏差値が低く難関大学は無理だという生徒さんでも
基礎的な学習を続けていくことで
MARCHや早慶といった多くの生徒が目標とする大学での合格も可能になります。

自分だけでは無理だったものを可能にするためには
塾のように勉強をサポートする協力体制が必要になるのです。

いつからなら通ってもいいのか

いつから通えばいいのか、それは「塾が必要だ」と思った時です。

塾に通うタイミングが早ければそれだけ学習時間を増やせ
より多くの発展問題に挑戦する学力が身に付きます。

また、塾に通うことで勉強の仕方も一緒に学ぶことで
普段の高校の授業の理解も進みますから
必要だと思ったのであれば早ければ早いほど大学受験に強くなれます。

学習する習慣を付けることが大事

塾に通うと勉強する習慣が付くことは大きな違いです。

塾に通う多くの生徒さんは自己学習が苦手な方が多いですから
学校が終わった後の時間を勉強時間に充てられていない
そのことが成績の低下を招いています。

また、学校での授業で必要となる基礎学力が足りないと
いくら授業に集中しようとしても今の学力では理解できない
といった深刻な問題も考えられます。

日々の授業で学ぶべきことを一つ一つ身に付けていく
そのための補助的な役割も塾は担っています。

高1から塾に通う理由

時間03
塾というと大学受験のために通わせるものと考えていませんか?

高1から塾に通わせる親御さんは決して少なくありません。

何故かと言うと現段階で学力が低くても
高校生からなら十分にやり直しが効くことを知っている
からです。

3年間もしくは大学受験までに残された時間を有効に活用し
より就職に強い大学、大きな夢を叶えられる大学を目指すために
早い時期から塾へ通いながらの学習を考えているのです。

生徒の実力を確実に上げるためには
少しでも早く大学受験を見据えた学習を始めるべきです。

そのための選択肢の1つとして学習塾があります。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL