大学での英語勉強法〜時間・自由がある学生の期間を有効に活かそう!〜


英語学習7

現役東大生が教える英語学習第七弾です。
今回は大学での英語勉強法を紹介したいと思います。

大学生はそれまでの高校、就職後に比べて時間・自由があります。
この期間に、英語の学習を集中して行う方法を紹介したいと思います。

留学生と交流して、英会話のアウトプットの場を作ろう!

大学生の良い点の一つとして、様々な方と知り合う機会がある点です。
大学内には、色々な団体・コミュニティがあると思います。

また、大学をまたいだ学生団体も沢山あります。
そうしたコミュニティの中で、留学生との交流団体というのがあると思います。
そちらにアクセスし、留学生の友達を作ってみましょう。

留学生も日本人の学生と知り合い、日本語を勉強したいと思っている方も多いはずです。

お互いがカンバセーション・パートナーとして、
お互いの言語を高め合う関係になることが出来れば、
お互いの英語力・日本語力が上達すると思います。

また、留学生と交流することは、
他文化を知るいい機会でもあるので、是非一度チャレンジしてみてください。

また、大学の中の英語サークルに入るのもいいと思います。
英語に興味ある友人同士で、英語を通じた様々なアクティビティを行うことで、
楽しみながら英語を学ぶことが出来ます。

そうしたコミュニティでは海外経験のある方の割合も高いので、
海外留学や長期滞在を検討してる方はそういった情報、話を聞くことが出来ます。

交換留学や長期の海外滞在にチャレンジしてみよう!

就職してからは、中々海外での長期滞在を行う時間を捻出することが難しいのが実情です。
大学生の期間を活かして、長期の海外滞在を行いましょう!
大学の留学カウンセラーの方に相談して、交換留学プログラムを調べたり、
留学のエージェントを訪問し、大学を少しの期間お休みして、留学してみるのもいいと思います。

中には、ワーキングホリデーといって、海外に長期滞在して、
バイトやインターンを行う方法もあります。

私の友人にはカリフォルニアのアバクロンビー&フィッチの販売員として働いている人もいます。
また、フロリダのオーランドのディズニーワールドでキャストとして働いたことのある友人もいます。

長期滞在費用が心配な方にも非常に良いプログラムとなっていますので、
大学の留学プログラムにそういったものがないか、尋ねてみるのも良いと思います。
今回は、大学での英語勉強法を紹介しました。
大学での英語の授業以外に、留学生との交流団体に参加し、留学生の友人を作ったり、
英語サークルに入るのは、英語に日々触れられる環境を作れます。
また、学生の期間を活かして、
留学や長期滞在の検討もしてみてては如何でしょうか。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です