古文英単語の暗記法


古文英単語センター試験2週間で間に合う暗記法

センター試験まで残り2週間になってから
古文や英語の単語を覚えるためには普通の方法では無理です。

出現頻度の高い単語を集めてそれらを集中して
点数に繋がるものに絞り込んでそれを覚えていく
そしてそれらを10個ずつ覚えるのではなく、500個単位で覚えていきます。

センター試験まで数週間という短期間になってしまうと
一気に詰め込むように暗記を実践するしかありません。

どんな方法で古文英単語を短期間で暗記できるのかその方法を紹介します。

  • 覚えなければいけない単語数について
  • 一日300語暗記を実践する方法
  • 忘れないことが重要

覚えなければいけない単語数について

センター試験のために暗記が必要な単語数はどれぐらいなのでしょうか?

英語であれば多くの書籍で必修単語と言われている
2000語から3000語が一つの目安になります。

古文であれば400語と、必要な単語数は少ないので
早めに単語を覚えてしまって読解に力を入れるべきです。

一日500語暗記を実践する方法

英語12
3000語を一気に覚えなければならない状況では
少ない単語数から少しずつ暗記する方法では間に合いません。

人間の脳では確実に覚えたつもりであっても
時間が経つと忘れてしまいやすいためです。

一日500語を目標繰り返し詰め込み暗記をして
その何割かでもいいので暗記した単語を増やしていきます。

覚えられていなくても何度も繰り返して学習することがコツです。

自分で単語帳を作る余裕はないですから
参考書を見ながらCDで発音を聴いたり自分で発声して覚えるといいでしょう。

手で書いて覚える方法もありますが
それはどうしても覚えられない単語に対して実践します。

少しでも学習時間を効率的に使っていきましょう。

忘れないことが重要

英語06
単語の暗記を繰り返していく中で
「どうすれば自分が忘れないようになるのか」試してみてください。

記憶学習の際に五感や体全体を使っていくことが1つのポイントです。

リスニングCDがあれば音楽のように音を全部覚えたり
全部を通して発声練習をすることで歌詞のように覚えることもできます。

また、やり始めたばかりでは成果を実感しにくいかもしれませんが
「知らない単語→見覚えのある単語→何となく意味がわかる単語→」
というように繰り返す中で少しずつ記憶が定着していきます。

古文英単語の暗記のコツ

必修単語だけで英語なら3000語、古文では400語ですから
全てを覚えることを目標にひたすら繰り返していきましょう。

一見すると不可能にも覚える数ですが
短期間でも詰め込み暗記をすることで
センター試験で戦えるレベルまで単語力を上げることは可能です。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL