古文参考書のおすすめで3ヶ月で偏差値を30上げる方法


3ヶ月で偏差値30アップできる古文参考書

古文を苦手とする受験生は多くいますが
短期集中学習をすることで古文の成績を飛躍的に伸ばすことができます。

偏差値の伸び悩みの原因には基礎の理解不足があるのですが
古文であれば単語の暗記と基本的な文法の理解を高めることで
得点に大きな差が生まれるからです。

基礎から古文を学び偏差値30アップを目指す方にオススメな
3ヶ月の短期学習に役立つ古文参考書を紹介します。

読んで見て覚える重要古文単語315

読んで見て覚える重要古文単語315
古文では単語の覚えることで古文の理解を早めることができます。

古文で必修とされている単語は300から400語程度ですが
「読んで見て覚える重要古文単語315」では必修単語のほとんどをカバーできます。

マドンナ古文単語230

マドンナ古文単語230
「マドンナ古文単語230」もオススメの古文の重要単語集です。

マドンナ古文で紹介される230語で偏差値を大きく上げるには心許ないのですが
単語学習に役立つ参考書の1つの選択肢として紹介しておきます。

古文単語ゴロゴ565

古文単語ゴロゴ565
使う人を選ぶと言われる「古文単語ゴロゴ」
565語と単語数は多いのですがクセのある語呂合わせで評価が分かれます

立ち読みをする機会があればゴロゴにも目を通しておくといいでしょう。

単語数は多いですが基礎学習の参考書としては多すぎるところもあるため
自分に合わないと思ったら使う必要はありません。

古文教室古典文法編

古文教室古典文法編
「古文教室 古典文法編」は古文をゼロから勉強する人向けの参考書です。

基礎を初めからやり直すべきか悩んだ時には
こちらの参考書に目を通してみて自分の理解力をチェックしてみましょう。

初歩的な問題集をとくための基礎知識が身につきます。

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル
文法を基礎から総復習するなら
「ステップアップノート30古典文法基礎ドリル」が役立ちます。

問題集ですのでひと通り解いてみてできない部分を学習し直すといった
今からやるべきことを見つけるために活用してみましょう。

元井太郎の古文読解が面白いほどできる本

元井太郎の古文読解が面白いほどできる本
単語を覚えて文法の基礎の復習も終えたら
「元井太郎の古文読解が面白いほどできる本」の出番です。

基礎学習をした上でこの参考書に挑戦する
読解力のアップに繋がるため古文の理解をより深めることができます。

文と文の繋がりが理解できるようになるので
単語と文法だけではできなかった文章全体の翻訳ができるようになります。

古文の偏差値30アップのためにできること

古文で偏差値30アップを目指すなら基礎を固めることが重要です。

単語学習と文法から読解の土台となる知識をつけ
さらにステップアップのための古典の読解に力をいれてみましょう。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL