受験化学のおすすめ参考書と勉強法



受験化学で役立つ参考書

大学受験で出題される化学の問題は
理論に対する理解度と暗記力が求められます。

どちらが欠けても問題を解くことは難しくなってしまうため
この2つの点をバランスよく学習することがポイントです。

そこで今回はこうした受験化学での得点力を高めるために役立つ
入門書や発展問題対策のための参考書を紹介します。

岡野の化学が初歩からしっかり身につく

岡野の化学が初歩からしっかり身につく

著者の岡野氏は高校で化学を教える教師で
「岡野の化学が初歩からしっかり身につく」シリーズ
化学の入門参考書としての評価が高くなっています。

高校で学んだことを基礎から復習する人にオススメです。

特にこの書では順序良く学習が進むので
基礎から少しずつ化学への理解を深めることができます。

問題の出題は少ないのでこれが終わったら後述する問題集にも挑戦してみましょう。

化学(化学基礎・化学)基礎問題精講

化学(化学基礎・化学)基礎問題精講

基礎の学習が済んでいるのであれば
一度こちらの問題集に取り組んでおくといいでしょう。

化学で出題される典型的な問題の多くが掲載されているので
この問題集を解いて基礎的な問題をクリアしておきます。

MARCHから早慶レベルを目指すのであれば
発展問題へと挑戦するための肩慣らしになってくれます。

化学―理系標準問題集

化学―理系標準問題集

駒大受験シリーズの化学―理系標準問題集
Aランク(基礎)とBランク(発展)でまとめられた参考書です。

高校化学がしっかりと学べているのであれば
このレベルの参考書から挑戦するのもアリ
だと思います。

発展問題の理解は時間を要することになりますが
この書であれば解説も詳しいので問題を解きながら理解を深めやすくなっています。

理系大学受験 化学の新演習―化学基礎収録

理系大学受験 化学の新演習―化学基礎収録

難関大学に向けた第一歩を歩む方にピッタリな参考書です。

標準レベルよりも難しい難問の出題数が多いので
よほど自信のある方以外はまず他の問題集をクリアしてから
この本に挑戦することをオススメします。

センター試験で7割超えを目指すための本です。

センター試験過去問研究化学

センター試験過去問研究化学

過去25年分の過去問が掲載された本書は
受験を目前とした総仕上げの学習での必須本と言ってもいいでしょう。

実際の試験では時間にも限りがありますから
素早く問題を解くための練習として過去問を早く解く練習もしておけば完璧です。

化学は難関大の受験生の多くは満点を取れる科目とも言われていますから
理解できない点をハッキリさせ、全て解けるようにしておくべきです。

受験化学の参考書選び

化学の試験では理解度が不足していると
発展問題に取り組むことができません
から
まずは基礎的な学習をして土台を固めることを心掛けておきましょう。

典型的な形式での出題が多いですから
問題集を解いて次第に問題のレベルを上げる方法で
大学受験の化学の得点力を上げることができます。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL