受験の暗記科目攻略法



暗記科目の受験対策はどうすればいいのか

大学受験に向けた対策では暗記科目の対策
試験のその瞬間まで忘却と記憶を繰り返す戦いとなるでしょう。

試験中のまさにその時に確かな記憶として残すためには
どのような暗記方法をすればいいのでしょうか?

今回は暗記科目と呼ばれる古典、英語、数学や物理の公式、歴史について
大学受験対策となる攻略法を解説いたします。

  • 教科タイプによる暗記方法の違い
  • 歴史はどちらのタイプなのか
  • 単語暗記は短期間で詰め込み学習をする
  • 公式の暗記は自分で導けるようにする

教科タイプによる暗記方法の違い

英語10
教科によって勉強をする手順を考える必要があります。

例えば、古典の場合には単語の意味を先に暗記しなければ
文の意味を理解できません
から先に単語の暗記を済ませます。

数学の場合には公式だけを先に覚えても
どんな意図で公式を使った計算をするのか理解していなければ
適切に公式を使うことができません。

理解を必要とするような教科の場合には
先に内容の理解を済ませなければ暗記する意味がない
暗記することが難しくなる
ということを覚えておきましょう。

歴史はどちらのタイプなのか

歴史は理解を必要としない科目のようにも思えますが
時系列や歴史的背景を理解しながら暗記することで
より効率的に覚えやすくなる科目です。

暗記する時にもみなさんは時系列で覚えるほうが楽だと思います。

ですので、歴史の流れをひと通り理解してから
具体的な年号や人名や出来事を暗記する
ようにします。

単語暗記は短期間で詰め込み学習をする

古典や英語の単語熟語は短期間に詰め込み学習をすることがコツです。

目安としては一日に500単語といったところでしょうか。

次の日にはほとんど忘れてしまいますが
繰り返し暗記学習をすることで記憶が定着するようになります。

古典と英語の勉強においては語彙が備わっていないと
まともに学習が進められない
ため早期に暗記を済ませなくてはなりません。

忘れてしまっても再度暗記をすればいいので
定期的に単語の暗記チェックをして再復習を繰り返すようにしましょう。

忘れてしまうことを前提に繰り返し学習し詰め込むことが重要です。

公式の暗記は自分で導けるようにする

数学01
数学や物理で使う公式は自分で公式を導けるようにしておくことが
暗記部分を減らすことに繋がり、公式への理解も深まります。

語呂合わせや英単語のような暗記も不可能ではありませんが
大学受験の出題範囲を全て暗記することは現実的ではありません。

逆に公式の成り立ちを理解しておけば
ある公式から別の公式を導けるケースが多い
ので
暗記すべき部分を大幅に減らすことができます。

できる限り公式の理解に力を入れるようにして
暗記する部分は基礎的な定義や定理か
どうしても理解が厳しい単元のみにします。

試験前の仕上げ段階では公式の暗記のチェックはしますが
ただ公式を暗記をしていればいいのではなく
数学的な理解が前提になる、ということです。

暗記科目攻略法のまとめ

科目によって暗記だけでなく内容の理解も必要となります。

数学は理解を必要とするため学習に時間はかかりますが
理解さえできていれば暗記はそう難しいことではありません。

英単語の場合には暗記の勉強は簡単で短期間でも力が付きますが
常に忘れる恐れがありますので注意が必要です。

教科に合わせた暗記法を実践することで
勉強の効率をアップさせていきましょう。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL