受験の息抜きとして世間の受験生が行っていること



受験生はどうやって息抜きしているのか

大学受験では受験勉強の毎日になりますが
多くの受験生は時には息抜きとして
自分がリラックスしたり士気を高める時間を作っています。

世間の受験生がどんな風に息抜きをして
辛い勉強の日々を乗り越えているのか
一緒に見てみましょう。

  • 友だちと遊ぶ
  • 短時間の睡眠を取る
  • フェスに行ってはしゃぐ
  • スポーツをして汗を流す
  • 旅行代わりのオープンキャンパス

友だちと遊ぶ

合格成功05

友だちと遊んで受験勉強に励んでいる友だちの話を聞くと
同じ受験生としてとてもよい刺激になります。

また、遊ぶ約束をしておくことで勉強の励みにもなり
普段の受験勉強への士気を高めるきっかけにいいようです。

ダラダラと時間を過ごしてしまわないように
友だちと遊んで息抜きをする時には
決めた時間だけ遊ぶ方が息抜きとして有意義にできます。

短時間の睡眠を取る

息抜き02

勉強の合間に15分程度の睡眠を取ることで良い息抜きになります。

疲れも取れ集中力が持続しやすくなるので
無理に机に向かうぐらいなら予め休憩時間として
頭を休ませる時間を作ってみてはどうでしょうか。

フェスに行ってはしゃぐ

息抜き03

ストレスを発散するという意味ではフェスや音楽ライブに行って
大はしゃぎすることが気持ち的な息抜きとして最適です。

音楽ライブやフェスは周りの人も大はしゃぎで
受験のことを忘れて存分にストレスの発散ができる場です。

スポーツをして汗を流す

息抜き04

スポーツをしていると体が温まって
副交感神経を刺激してリラックス効果を生み出します。

また、頭ばかりを使いがちな受験生は
体がそれほど疲れていないため眠りが浅くなりやすいのですが
スポーツで適度に体を疲労させることで熟睡できるようになります。

特に気分転換にジョギングをするといった受験生が多いようです。

旅行代わりのオープンキャンパス

受験生にとってはオープンキャンパス
ちょっとした旅行感覚で息抜きになっているようです。

志望する大学が決まっていないのであれば
オープンキャンパスで観たり聴いたりしたことがいい判断材料になりますし
大学生になる自分を想像しながら勉強にも力が入ります。

オープンキャンパスなら堂々と出掛けられますし
親御さんにもら許してもらえることが多いのも
受験生にとっては嬉しいポイントです。

みなさんはどんな息抜きをしていますか

日々の積み重ねが必要な受験勉強では
息抜きを積極的にしていく方が
結果的に勉強に身が入り、集中学習できるようになります。

みなさんも自分なりの勉強の息抜きの方法を探して
勉強への意識を高める努力をしてみましょう。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL