受験の不安を解消する為にできる5つのこと


受験勉強の不安解消法

受験勉強をしていると不安や心配で悩まされることもあります。

そうした時に過去の受験生はどのように乗り越えてきたのか?

受験生として避けては通れない不安との戦い方
精神力を鍛えて本当の実力を発揮する方法を紹介します。

  • 勉強不足を洗い出す
  • 緊張を受け入れる
  • 塾や予備校で競争相手を見つける
  • 徹夜をしない
  • 学習の進捗状況を自己チェック

勉強不足のポイントを洗い出し完璧にする

大学受験04
受験生の不安の原因の1つに勉強不足があります。

「もっとできることがあるのにやっていない」ことが内心にあり
その漠然とした勉強不足を感じることが不安を招いています。

こうした不安を取り除くためには
自分が勉強不足であるポイントを洗い出すことが効果的です。

時には過去問をひと通り解いてみて
自分の苦手分野を見つけ出し、そこを集中して復習していきましょう。

苦手を潰して着実に学力を上げていき自分自身もそれを実感することで
勉強不足による漠然とした不安を解消することができます。

緊張を受け入れて実力を発揮できるようにする

ある程度の緊張状態は学習の成果を高めたり
試験の結果を良くするとも言われています。

「緊張している→緊張してはいけない」ではなく
緊張状態にある自分を受け入れて
その中でも自分を奮い立たせることがより良い結果を生みます。

塾や予備校に通い競争相手を見つける

一人で受験勉強をしている場合には
なかなか勉強に集中することができないことがあります。

一人で勉強できる人もいれば一人では集中が持続しないこともありますから
ライバルが必要な時には塾や予備校に通うことも1つの手段です。

自分の士気を高めたり客観的な実力を知ることで
自信を付けられることは塾や予備校に通うメリットです。

また、相談相手となる講師がいれば悩んだり困った時の助けとなってくれます。

一日の勉強スケジュールを作り徹夜をしない

大学受験では長期的に学習を進めていくことになりますが
徹夜をしたり乱れた生活をしている中では
うまく勉強に集中することが難しくなります。

勉強が捗らないことも不安の原因ですし
昼夜逆転生活になってしまうとホルモンバランスの崩れで
心の不安を招きやすくもなります。

生活サイクルの乱れに心当たりのある方は、一日のスケジュールを計画し
大学受験に集中するための生活サイクルを作ることから始めてみましょう。

学習の進捗状況を自己チェックしておく

学習の進捗状況を自己チェックしておくことで
常に次にするべきことを見据えるようにします。

不安を感じてしまうのは休憩中や就寝前といった何もしていない時が多く
勉強をしていれば不安を感じる暇もありません。

就寝前に不安を感じるという方も勉強をして
体を疲れきるような生活リズムを心掛けてみてください。

進捗状況を把握して常に勉強をできる体制を作っておくことで
不安を生むことのない学習リズムを作ることができます。

受験生の不安と解消

大学受験10
受験生が思い悩んでしまうことは仕方のないことです。

自分と向き合って不安に悩まないような
受験勉強のリズムを作ることで対策を立てておきましょう。

それでも悩んでしまった時には先生や友達や親に相談をして
思っていることを吐き出す
のもいいでしょう。

精神的な体調管理も受験生が向き合うべき課題の1つです。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL