世界史参考書・問題集のおすすめ一覧〜論述対策編〜


ガゾウ40

今回は世界史の対策でも、特に2次試験で論述を用いる受験生向けに、
オススメな参考書を紹介したいと思います。

◯荒巻の新世界史の見取り図
通史を抑え、論述対策に頻出な分野をしっかりと抑えるためには、
こちらの参考書が非常に優れております。

筆者は長年、東大受験生を始めとして、
難関国公立の論述指導を行ってきた方ですので、
論述で頻出のポイントをしっかりと抑えてくれています。

また、読み物としても面白いので、
通史を抑える上でも役立ちます。

◯タテから見る世界史・ヨコから見る世界史
こちらは、論述では必須のタテの繋がり、ヨコの繋がりを抑えられる参考書となっています。
ある程度、通史を抑えた上で、
通史の理解を更に深いものとするために役立つ参考書となっています。

◯世界史論述練習帳new
全60問で、過去問の演習となるため、
過去問演習には良い問題集です。

論述で必須の問題形式がカバーされているため、
論述の対策を行いたい方には、導入の一冊となります。

◯判る!解ける!書ける!世界史論述 (河合塾シリーズ)
世界史論述対策の問題集として、特にオススメな問題集です。
解説が豊富で、問題形式ごとの解答テクニックもしっかりと抑えてくれています。
問題も基礎から応用まで70問近くあり、
幅広い難易度に対応しています。

◯各予備校の模試過去問・予想問題集
意外にそこまで多くの人が利用していないかもしれませんが、
各予備校の予想問題集は論述対策には非常に役立ちます。

各予備校の模試というのは、その予備校が非常に力を入れて問題を作成します。
受験者数や問題的中率等も予備校の実績に繋がるからです。

また、模試の解説は受験生の復習を意識して、
非常に詳細に豊富に書かれています。

論述対策の問題集を終えた後は、
各予備校の模試の過去問を年度を行うと良いと思います。
私は、過去の年度まで遡って、中古で以前の模試の過去問も
購入し、使用していました。

志望校の問題形式にも慣れることが出来るのも、
模試の過去問の良い点です。

◯志望校の過去問集
こちらは、上記の対策を終え、
知識量、論述対策が万全になってから、
実力チェックと共に、問題形式に慣れるために用いましょう。
当たり前ですが、志望校の過去問が一番の志望校対策となりますので、
受験までには余裕持って手をつけるようにしてください。

今回は、世界史の論述対策に役立つ参考書・問題集を紹介しました。
荒巻の新世界史の見取り図で論述ポイントを抑え、
論述対策問題集で基礎力をつけた後は、
各予備校の模試の過去問、志望校の過去問を用いて、
問題形式に慣れながら、問題演習を行いましょう。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です