【高校選び】東京の高校と地方の高校、行くならどっち?


こんにちは、武田塾新宿校講師の藤田です!

 

 

今回は、進学する高校を選んでいる中学とその保護者の方向けに記事を書きます。

 

高校生の方も、参考になると思うのでぜひ読んでくださいね。

 

 

「今は神奈川に住んでいるけれど、高校受験のタイミングで父親が北海道に転勤になった。

父親は『単身赴任でもいいし、家族全員で北海道に引っ越してもいいよ。』と言ってくれているので、

神奈川の高校北海道の高校のどちらに行こうか迷っている」

 

 

静岡県の中学に通っているけれど、

埼玉に住んでいる祖父母が祖父母宅から埼玉の高校に通うことを勧めてくるので、

埼玉の高校静岡県の高校のどちらに行こうか迷っている」

 

 

「父親の転勤のために小学生の頃から香川県に住んでいるが、父親が来年度から東京本社に戻ることになった。

父親は『お前が慣れ親しんだ香川県に高校卒業まで住み続けたかったら、俺は一人で先に東京に帰って待ってるよ』と言ってくれているので、

東京の高校香川県の高校のどちらに行こうか迷っている」

 

 

・・・といった感じで、

一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)の高校と

地方の高校のどちらに進学するか

という選択を迫られている中学生のあなた!

 

 

 

もしあなたが

「早慶」

に行きたいのなら、答えはひとつです。

 

東京(もしくは一都三県)の高校に進学すべき!

 

 

 

どういうことか説明しますね。

 

もちろん、東京周辺の方が塾・予備校も多いし、大学も多いので情報が入って来やすい・・・というのも理由としてもちろんあります。

 

 

しかしそれ以上に、

 

地方の『国公立大学至上主義』は根深い

 

ことが問題なのです。

 

 

 

東京を含む一都三県では、成績の良し悪しはあまり関係なく多くの高校生が私立大学に進学します。むしろ国公立大学に進学する高校生の方が珍しいくらいです。

 

高校によっては「東大や旧帝大を目指すために5教科全てを極めるクラス」があったりしますが、少なくとも私大志望だからといって周囲から白い目で見られることはまずありません。

 

 

一方、地方では、人並みかそれ以上に勉強ができる高校生の多くは、国公立大学を志望します。

 

なら私大志望の高校生は?

 

先生から反対されます。

 

 

これには

・「国公立大学○名」という進学実績競争

・地方における名門私大の少なさ

・地方の所得の低さ

などいろんな理由が考えられるのですが、

 

とにかく私大志望者は肩身の狭い思いをします。

 

 

そんなの関係ない。

反対されても『でも俺・わたしは私立大学に行きたいんです』って言えばいいんでしょ」

 

そう思った人もいるかもしれません。

 

でも、そんなに甘くはないんです。

 

もちろん地方にも進路に寛容な先生はいますし、寛容な高校もあります。

 

が、

 

・先生から「なんで私立を目指しているんだ!」と怒鳴られる

・複数の先生に囲まれて国公立大学を志望するまで説得される

 

ということも地方では起こっているのです。

 

 

私大は「国公立の滑り止め」

だとしか思っていない先生は、

こっちが何を言っても聞く耳を持ってくれないんです。

 

 

 

理不尽以外の何物でもありませんよね。

 

でも、悲しいことに地方では“よくある話”なんです。

 

 

結局、多くの高校生が圧力に負けて「私大志望」を諦めてしまうんです。

 

特に地方の“自称進学校”だとこの傾向は顕著になります。

 

 

どうやら

このような極端な「国公立大学至上主義」の先生の頭の中では大学の序列が

「旧帝大>中堅国公立>その他国公立>早慶上智>G-MARCH関関同立」

みたいな感じになっているようです。

 

実際、

「早慶上智は地元の〇〇大学(その他国公立レベル)より下だ」

と生徒たちの前で言い放つ先生もいたりするんです。

 

 

このような先生はさすがに極端だとしても、

「早慶中堅国立

例えば「金岡千広(金沢・岡山・千葉・広島大学)」

より明らかに下だ

という価値観の先生は、地方には大勢います。

 

私は文系ですので国立・私立理系の序列についての明言は避けておきますが、

少なくとも文系に関しては、このような価値観は自明に偏っていると思います。

 

 

 

 

「地方の高校は全てそうだ」とまでは言いません。

 

 

しかし、

 

「地方に住んでいるせいで

偏った『国公立大学至上主義』に苦しめられている

私大志望の高校生は多い。」

 

これだけは断言しておきます。

 

 

 

これは、通信制高校に転校するまで香川県の高校に通っていた自らの実体験と

地方出身者への聞き取りを元に書いた文章です。

決して空想や推測で書いた文章ではないことをここに記しておきます。

 

 

 

最後に、参考になりそうなリンクを3つ貼っておきますね。

 

合格体験記:長崎県の高校→早稲田大学合格

https://k-nishie.com/university/experience/syungo#comment-16

 

インタビュー:福岡県の高校→慶應大学合格

https://linq.career-tasu.jp/magazine/aogijuku/

 

武田塾チャンネル:地元国公立vs難関私立(早慶関関同立)どっちにいくべき!?

https://www.youtube.com/watch?v=8wu4_Bs5HBw

 

>>もっと詳しく<<

 

 

とにかく、納得のいく進路選択のできる高校に入ってくださいね!

 

 

 

それと最後にひとつだけ、武田塾には中学校・高校受験に対応している校舎もあります!

 

 

それでは!

 

 


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です